頭皮が乾燥してフケがひどいっ!原因と予防改善方法をお教えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
頭皮が乾燥してフケがひどいっ!原因と予防改善方法をお教えします

頭皮が乾燥しているせいか「フケがひどい…」と、お困りですか。

フケ・かゆみがでるとイライラして、ストレスがたまると落ち込んでしまいますよね。

ここでは、頭皮からフケが出る原因と、それを改善する方法をまとめました。

この記事を見れば、必ず頭皮トラブルを治す方法がわかり、頭皮の悩みがなくなるでしょう。

目次

1.あなたはフケはどっち?パラパラorベタベタ?
2.スグに効果が期待できる!フケを改善する2つの方法
3.フケかゆみができる5つの原因と改善方法
4.対策をしてもフケがでる時は、皮膚科に行こう

1.あなたのフケはどっち?パラパラorベタベタ?

あなたのフケはどっち?パラパラorベタベタ?

まず、あなたのフケが「頭皮の乾燥によるフケかどうか」自分でチェックする方法をご紹介します。

画像のように、粉雪くらいの大きさでパラパラと乾燥したフケなら頭皮の乾燥によるフケの可能性が高いです。

もし、フケが大きくてベタベタしているなら脂漏性(しろうせい)皮膚炎という炎症の可能性もあります。再発しやすいので、根本的な原因の改善をすることから始めるのがオススメです。

2.スグに効果が期待できる!フケを改善する2つの方法

頭皮のフケを改善するなら、今スグにでも次の2つの方法を実践すると良いでしょう。

この2つを実践するだけで「頭皮のフケが治った!」と解決する場合も多いのでスグに実践してみてください。

方法1.ビタミンB群をたっぷり摂る

カツオの刺身・マグロの赤身・焼いた鮭を食べて、ビタミンB群をたくさん摂りましょう。

ビタミンB群をたっぷり摂る

なぜならば、ビタミンB群が不足していると皮脂が過剰に分泌してしまいフケが出やすくなってしまうからです。

方法2.育毛シャンプーをつかう

低刺激で優しいアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

scalp-drying-fuke

なぜならば、アミノ酸系が主成分だと頭皮の油を必要最低限だけ落としてくれるので頭皮が乾燥しないからです。

ただし、アミノ酸といっても約500種類以上の種類がありシャンプーによって配合はそれぞれです。

フケかゆみを改善するなら、アミノ酸系シャンプーの中でも最も頭皮のことを考えられて作られたチャップアップシャンプーがおすすめです。

選び抜かれた5種類のアミノ酸系成分配合で、頭皮トラブルが解決できたという実感の声がダントツで多いんです。実質月額1,519円〜と継続費用も安いのは続ける上で嬉しいですよね。

頭皮トラブルが改善できてきたら、実質費用がさらに安いharu 黒髪スカルプ・プロを使うのも良いかもしれません。オールインワンなのでコンディショナーの役割もあり髪の毛の調子を整えてくれます。実質月額1,440円〜。

これらのシャンプーに変えると早い人で約2〜3週間ほどで頭皮トラブルが改善した声も多いのでぜひ実践してみてください。

もし、この2つで改善できなければ次のステップに進んでください。

3.フケかゆみができる5つの原因と改善方法

頭皮にフケが出る原因は主に5つあります。

頭皮にフケかゆみが発生する可能性が高いものから順にまとめました。その対策と一緒に確認していきましょう。

3-1.季節
3-2.髪の洗い方と乾かし方
3-3.生活習慣
3-4.カラー・パーマ
3-5.紫外線

では、順に説明していきますね。

3-1.季節

季節による湿度の低下によって、頭皮が乾燥してフケかゆみがでることがあります。

季節

原因1.湿度が低下している

10月〜4月の間は湿度が大きく低下するため頭皮が乾燥しやすく、乾燥するとフケかゆみが出やすくなってしまいます。

対策

前述したシャンプーに変えましょう。保湿成分が多く入っているのでオイルやローションを別途使わなくても毎日シャンプーすれば頭皮が保湿されてフケかゆみが改善する場合があります。

10月〜4月の間は寒さによって頭皮の血行不良も引き起こします。お風呂上がりは頭皮マッサージをすることで更なる改善が期待できるでしょう。

3-2.髪の洗い方と乾かし方

髪の洗い方・乾かし方が正しくないことが原因で、フケかゆみが発生していることがあります。

シャンプーの仕方が悪い

原因1.お湯の温度が熱すぎる

髪を洗うときのお湯の温度が熱すぎると、フケかゆみが発生することがあります。

なぜならば、お湯が熱いと頭皮の皮脂が必要以上に洗い落ちてしまい乾燥してしまうからです。その結果、頭皮を守ろうと皮脂が過剰に分泌してフケができます。

対策

髪を洗うときのお湯の温度は38度くらい(ぬるま湯のイメージ)にしましょう。

顔の油分は36.5度くらいで溶け出すのですが、頭皮の油分はそれより多いため落ちにくいです。かといって40度くらいにすると今度は髪の毛を傷めてしまいます。その間の温度がベストです。

原因2.必要以上に頭皮を洗っている

シャンプーのし過ぎは、さまざまな頭皮トラブル(フケ・かゆみ・湿疹・抜け毛)を引き起こしてしまいます。

対策

1日1回のシャンプーを基本として、シャンプーする前にお湯で髪を洗いましょう。

頭皮と髪の毛の汚れは、お湯ですすぐだけで8〜9割の汚れが落ちることがわかっています。なのでシャンプーをつけて洗うときは育毛成分を浸透させるくらいのイメージがいいです。

この方法を継続すればフケかゆみが改善する場合があります。

原因3.シャンプーやリンスの洗い残しがある

シャンプーやリンス(コンディショナー)の洗い残しがあると、フケかゆみが発生してしまいます。

なぜならば、洗い残しが頭皮の毛穴につまるからです。

対策

シャンプー後は最低でも3分すすぎましょう。洗い残しやすいのは「襟足」「耳のまわり」「額の生え際」です。

リンスやコンディショナーを使っているならしっかり洗い流すことでフケかゆみが改善できる場合もあります。

原因4.髪が半乾きになっている

髪の毛が半乾き・もしくはすぐに髪を乾かさないことが原因でフケかゆみが発生している可能性があります。

なぜならば、水分を多く含んだ状態で長時間放置すると菌が繁殖するからです。

対策

お風呂から上がったら早めに髪の毛を乾かしましょう。髪の毛の乾かし方は、次の動画を参考にされてください。

補足すると、ドライヤーを使う前にタオルでしっかり水気を取ります。水気を取ったら、ドライヤーを10〜20cm離して乾かします。そうすれば髪の毛が傷まず根本まで早く乾かすことができます。

髪の毛を根本まで乾かすことで、フケかゆみを改善できる可能性があります。

3-3.生活習慣

不規則な生活が原因で、フケかゆみが発生している可能性があります。

生活習慣

原因1.食べ過ぎ飲み過ぎ

ラーメンや揚げ物ばかりの食事やアルコールの飲み過ぎが続いていると、フケかゆみが発生します。

なぜならば、体によくない食事ばかりしていると頭皮の皮脂が異常に分泌してしまい頭皮トラブル全般がおこりやすくなるからです。

対策

バランスの良い食事をしましょう。ただし、厳密にいうと髪の毛に悪い食べ物はありません。偏った食事やお菓子の食べ過ぎが良くないので野菜中心の食事を心がけると良いかもしれません。

お酒の適量はサントリー公式サイト:お酒との正しい付き合い方を考えようを参考にされてください。

原因2.運動不足

運動が不足していると、フケかゆみが発生することがあります。なぜならば、新陳代謝が衰えてしまい頭皮環境の悪化につながるからです。

とくに、1日の早い時間から頭皮に臭いがしたりベタついたフケがでる人は、要注意です。

対策

週2回を目標に有酸素運動をしましょう。

例えば、1回20分以上のウォーキングやランニングをするだけでもカラダにとって大きく違います。時間がないなら自体でもできるストレッチやラジオ体操やヨガを行うことで、頭皮トラブルが改善する可能性があります。

YouTubeで人気のストレッチ動画はこちら

原因3.タバコ

喫煙が原因で、フケかゆみが発生する可能性もあります。

なぜならば、ニコチンが体に入ると血管が細くなり頭皮に栄養分が行き渡らなくなってしまうからです。

対策

できるのであれば、これを機に禁煙か電子タバコに切り替えましょう。

電子タバコはニコチンがゼロなので普通のタバコを吸うよりはフケかゆみが発生する可能性は減ります。

原因4.睡眠不足

睡眠不足が原因で、フケかゆみが発生することがあります。

なぜならば、睡眠が不足するとターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が乱れやすくなってしまい、古い頭皮の角質がはがれ落ちくくなって頭皮トラブル全般をひきおこすからです。

対策

質の良い睡眠を取るようにしましょう。

そのためには就寝2時間前には湯船に浸かると良いでしょう。40℃前後のお風呂に10分以上入れば副交感神経が優位になり快眠しやすくなります。

睡眠の質が良くなることで、頭皮トラブルが改善する可能性があります。

原因5.枕や枕カバーを洗っていない

枕や枕カバー定期的に洗っていないことが原因で、フケかゆみが発生している可能性があります。

人間は寝ている間にコップ一杯分(約200cc)の汗をかくといわれているので、ずっと洗っていない人は注意が必要です。

対策

もし、これらの寝具類を洗っていないのならば小まめに洗いましょう。

枕なら1ヶ月に1回、枕カバーなどのリネン類は1週間に1回洗うのがおすすめです。

原因6.帽子やブラシを使い回ししている

家族や友人と帽子やヘアブラシを使い回していることが原因で、フケかゆみが発生することがあります。

ならならば、原因の元となる乾癬(免疫機能の異常)・しらくも(頭皮の水虫のようなもの)・しらみを引き起こすからです。

対策

頭皮に直接触れるものを(帽子やブラシやタオルなど)を共用しないようにしましょう。

3-4.カラー・パーマ

カラー・パーマ

カラーやパーマの液剤に配合されているジアミンという成分は痒みや痛みをひきおこしやすく、頭皮が敏感だとフケかゆみが発生しやすくなっています。

実は、髪の毛や頭皮に優しそうなヘナ染めも植物アレルギーを起こすことがあるので対策が必要です。

対策

皮膚にアレルギー反応が出ていないか、以下の方法で確認してみてください。

パッチテストをして問題がなければ、カラーやパーマが原因の可能性は減ります。

もし、痒みやかぶれが出たなら使用を中止しましょう。どうしても髪の毛を染める必要があるのならジアミンが含まれていないヘアマニキュアを使うのがおすすめです。

3-5.紫外線

夏場や秋の強い紫外線が原因で、フケかゆみが発生する可能性があります。

紫外線

原因1.紫外線対策が十分にできていない

頭皮は顔の2倍以上にもなる紫外線を浴びているのはご存知ですか?

対策

紫外線をしっかりカットして通気性も良い麦わら帽子をかぶるのがおすすめです。

また、UV100パーセントカットの日傘を使うのも一つの手です。色を選ぶ際は以下を参考にしてください。(右に行くほどUVカット率が低い色)

黒98%<白68%<青と緑97%<黄色95%<赤94%<オレンジ92%

UV100パーセントカットの日傘(楽天市場のページ

原因2.髪の毛の分け目が同じ

髪の毛の分け目が同じだと、フケかゆみが発生することがあります。

なぜならば、分け目だけ集中的に紫外線を浴びてしまうからです。

対策

ヘアスタイルを変えるか、小まめに帽子をかぶったり日傘を使いましょう。そうすることで分け目部分のフケかゆみが改善する可能性があります。

4.対策をしてもフケがでる時は、皮膚科に行こう

前述したスグに実践できる方法を使ってみて、その他の対策方法でも効果が感じられないなら皮膚科に行くことをおすすめします。

皮膚科に行って医薬品の処方を受けるべきかどうか、検討するべき期間の基準があります。

それは、スグに実践できる方法を最低3〜6ヶ月継続したかどうかです。なぜならば、この期間内で頭皮トラブルの大半が改善できることが多いからです。


医薬品に頼った対策も良いですが、医薬品での改善は慢性化をひきおこし再発することが多いので今スグにはおすすめできません。

ですので、ビタミンを摂ったり育毛シャンプーに変えて解決することを検討してみてください。

フケかゆみを改善するシャンプーの選び方

頭皮の悩みなら、アミノ酸系シャンプーを選ぶ

フケかゆみを改善するなら、アミノ酸系もしくはベタインが配合しているシャンプーです。

アミノ酸系というと泡立ちが悪いイメージをお持ちの方がいらっしゃいますが、ベタイン配合なら泡立ちも良くて使いやすいです。

アミノ酸系の中でも保湿成分がたっぷり配合されているシャンプーを使うのをおすすめします。

簡単におすすめの育毛シャンプーが知りたい人はこちら

男女共におすすめできるのは、実質月額1,519円〜で継続できるチャップアップシャンプー。育毛成分がたっぷり入っていてフケかゆみが改善できた実績の声が多いです。

頭皮環境が落ち着いてきたら実質1,440円〜で継続できるharuシャンプー kurokamiスカルプもおすすめです。

抜け毛や薄毛も気になってきている人ならこちらも

抜け毛や薄毛も気になっているなら、育毛剤の併用が効果的です。

男性なら育毛剤全80種以上を比較してわかったおすすめはこれ!

女性なら女性育毛剤を70種以上比較してわかった1番おすすめはこれ!

この記事を読めば、あなたの頭皮環境を最短でお得に改善できる育毛剤がみつかります。

まとめ

頭皮からフケかゆみができる原因ほぼ全ての改善方法をまとめました。

皮膚科で医薬品を使った対策をするのも良いですが、医薬品治療は慢性的になりやすく再発しやすいので今スグはおすすめできません。

まずはビタミンを摂ったりシャンプーを変えることを強くオススメします。

この記事があなたの悩みの解決になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*