徹底解説!実際にハゲてわかった原因と対策方法【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

薄毛に悩んでいますね。

筆者(独身男)は、20代後半からM字部分が気になり、30代になると明らかに周りの同級生と比べて薄毛に近づいていると不安になりました。

色んな方法を試して改善できた私ですが、「自分にピッタリの薄毛対策はどれなんだろう」と当時はわかりませんでした。

そこで今回は薄毛に8年悩んで克服した私が薄毛の原因と正しい対策方法をお教えします。

この記事を読めば薄毛を最短で解決できる方法がわかります。ぜひ、参考にしてください!

目次

1.どうしてハゲるのか?5つの理由
原因1.食生活の乱れ
原因2.ストレス
原因3.AGA(進行性の脱毛症)
原因4.遺伝
原因5.正しいヘアケアができていない

2.対策はこれ!男性の薄毛を改善する5つのステップ
ステップ1.生活習慣を改善する
ステップ2.シャンプーを変える
ステップ3.育毛剤を使う
ステップ4.改善されなければ病院に行く
ステップ5.無料診察を申し込む

まとめ

1.どうしてハゲるのか?5つの理由

日本人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいると言われています。女性の薄毛はこちら

そんな男性が薄毛になったと感じる原因は大きくわけて次の5つ。

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • AGA(進行性の脱毛症)
  • 遺伝
  • 正しいヘアケアができていない

順番に解説していきます。

原因1.食生活の乱れ

薄毛の原因は食生活の乱れ

脂っこい食事、タバコや睡眠不足は薄毛に大きく影響しています。

これらは血の巡りが悪くなり、髪の毛に必要な栄養が不足する原因となってしまいます。

その結果、抜け毛・フケかゆみ・頭皮ニキビが増えたりと薄毛だけではなく頭皮トラブルが起こりやすいと感じます。

原因2.ストレス

薄毛の原因はストレス

ストレスを溜めてしまうと、髪の毛を生成するのに必要な男性ホルモンの分泌を減らしてしまいます。

さらに自律神経が乱れてしまい、「体がダルい…」と体調にも影響が出てしまうもの。

ストレスは、抜け毛を増加・円形脱毛症・体調不良の原因になってしまいます。

原因3.AGA(進行性の脱毛症)

薄毛の原因はAGA(進行性の脱毛症)

AGAはいわゆる男性特有の進行性の脱毛症。

加齢による薄毛とは違い、髪の毛が育つ期間が短くなり短い毛しか育たなくなるのが特徴です。

どういうメカニズムかは、以下の動画がわかりやいです。

男性ホルモンの分泌が減るとDHTという悪玉男性ホルモンが発生してしまい、この悪玉男性ホルモンが髪の毛に大きな影響を与えてしまうというわけです。

詳しくは、AGAとは?原因から症状と対策方法までわかりやすく解説も参考にしてください。

原因4.遺伝

薄毛の原因は遺伝

父親が薄毛なら遺伝によってハゲているということも十分考えられます。

女性と比べて男性は薄毛の遺伝子を色濃く受け継いでしまいやすうもの。

落ち込む前に知っておくこと!遺伝というのは髪の毛だけではなく私生活の過ごし方も似てしまいます。

もし、薄毛の父親か母親がタバコを吸っていたり不規則な生活をしていれば生活環境による薄毛という可能性もあるということです。

原因5.正しいヘアケアができていない

薄毛の原因は正しいヘアケアができていない

市販されている1,000円クラスのシャンプーの大半は薄毛に悪影響です。

なぜそう言えるかというと、この価格帯のシャンプーの主成分は高級アルコール系(石油系)や石けん系と呼ばれていて、薄毛になって弱っている頭皮に刺激が強すぎるからなんです。

いつの間にか当たり前に使っているシャンプーが抜け毛の大きな原因だったという人が多いんです。

2.対策はこれ!男性の薄毛を改善する5つのステップ

対策はこれ!男性の薄毛を防ぐ方法4つ

長く薄毛に悩んできた経験から、自分に合った薄毛対策選びで失敗しないステップは次の5つ。

ステップ1.生活習慣を改善する
ステップ2.シャンプーを変える
ステップ3.育毛剤を使う
ステップ4.改善されなければ病院に行く
ステップ5.無料診察を申し込む

順番にご紹介しますね。

ステップ1.生活習慣を改善する

すぐに始められる対策として、生活習慣を改善しましょう。

食事

薄毛薄毛を改善する方法は食事

脂っこい食事を控えて、髪の毛の良いタンパク質・亜鉛・ビタミンの3つを豊富に摂りましょう。

タンパク質なら皮なしの鶏むね肉。亜鉛だと牡蠣のくん製油漬缶詰。ビタミンだと鳥のレバーやバターピーナッツなどが髪に良いです。

亜鉛はAGAを予防してくれる効果が期待できます。

もし、一人暮らしなどで食事がどうしても偏ってしまいがちなら、育毛サプリがおすすめです。

どのサプリが良いが良いのかは、徹底比較!男女別で選んだおすすめ育毛サプリ6選!をごらんください。

睡眠

薄毛を改善する方法はストレスを溜め込まない

夜22時〜朝の2時は髪の毛のゴールデンタイムと呼ばれている時間で、髪の毛を成長させるホルモンがとくに分泌される時間です。早寝して髪の毛に良い時間は睡眠を摂りましょう。

運動

薄毛を改善する方法は運動

ここでいう運動とは、軽いウォーキングやジョギングなど継続できる運動のことです。

運動をすることによってAGAの原因となるDHTの生成を減らす効果が期待できます。

運動は脱毛の原因となるストレスも軽減されるのでオススメ。

ステップ2.シャンプーを変える

薄毛対策はシャンプーを変える

薄毛に悩んでいるなら育毛シャンプーを使いましょう。

抜け毛・フケかゆみ・頭皮ニキビといった頭皮トラブルがあるなら育毛シャンプーを使うだけで改善できるかもしれません。

どういうシャンプーを選べば良いのかは、以下の表をごらんください。

シャンプーは成分で比較する

比べてわかる通り、頭皮トラブルでお悩みならアミノ酸系か泡立ちやすいベタイン配合のシャンプーを選びましょう。

前述しましたが、市販されている1,000円クラスのシャンプーは高級アルコール系や石けん系が主成分で頭皮トラブルを逆に引き起こしてしまいます。

アミノ酸系で育毛成分がたっぷり入っている育毛シャンプーを使えば頭皮トラブルを改善することが可能です。

どの育毛シャンプーが良いかは、育毛シャンプー徹底比較|薄毛に期待できるオススメ11選はコレだを参考にしてください。

ステップ3.育毛剤を使う

薄毛対策は育毛剤を使う

育毛シャンプーで頭皮環境を改善しつつ、育毛剤を使うのが効果的です。

誤解しないで頂きたいのは、育毛シャンプーはあくまで今ある髪の毛を育てる役割のもの。どのシャンプーを使っても発毛効果はあまり期待できません。

これまでトータル20本弱の育毛剤を使っておすすめできるのはチャップアップ

くわしくは、全80種類以上の育毛剤を比較してわかった!をごらんください。

M字ハゲの人は育毛剤を使う前に注意!

M字ハゲは育毛剤自体が向いていません。というのもAGAの影響を受けやすい部位であり、生え際は毛細血管が細いため育毛成分が外から届きにくいんです。

そのため中から予防ができる育毛サプリを飲むかステップ4に進みましょう。

ステップ4.改善されなければ病院に行く

育毛シャンプー・育毛サプリ・育毛剤は効果を実感するまでに最低でも3〜6ヶ月使い続けるのが基本。

これらの期間を使っても、「抜け毛の量が1日100本近くあるのが止まらない…」と感じるなら進行性の脱毛症であるAGAの可能性があります。

チャップアップもしくはイクオスという育毛剤はAGAを抑制する成分が他の育毛剤より多く配合されていますが、一度AGAクリニックで無料診察を受けても良いかもしれません。

発毛剤は基本おすすめできない!

リアップやメディカルミノキ5と呼ばれる発毛剤は、発毛効果が育毛剤よりも高くドラックストアや薬局でお手軽に購入できますが、基本オススメしません。

なぜかというと、発毛剤は医薬品のため思った以上に副作用が起こりやすく一度使い続けるとずっと医薬品を使うリスクがあるからです。

くわしくは、リアップの効果は?購入前に知りたい本当のことをごらんください。

ステップ5.無料診察を申し込む

AGAクリニックに通い始める前には、必ず複数のAGAクリニックで無料診察を受けましょう。

敷居を下げるために、薄毛の専門医が無料診察をしているクリニックがあります。

AGAクリニックによっては医療資格のないカウンセラーが飲み薬の処方まで決めるところがあり、「もっと先生に詳しく相談したい…」と通い初めて後悔することがあります。

医師が無料で診察してくれて薬価が安く取り扱いしているのはAGAスキンクリニックです。

地域別で実績の高いクリニックは、【地域別】おすすめAGA治療クリニック9選を参考にしてください。

まとめ

今回は、男性の薄毛の原因と対策方法をご紹介いたしました。

インターネットでの対策方法を読み比べると、安易に安さだけで育毛製品を選んだりして、逆に抜け毛が増えた…という人も多いんです。

ご紹介した方法は、AGAクリニックの先生に相談して教えてもらった方法なので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*