ミノキシジルってどうなの?使って4ヶ月経った効果・副作用まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
ミノキシジルってどうなの?使って1年経った効果・副作用まとめ

ミノキシジルは発毛効果があると国に認められている成分名で、髪の毛が生える可能性が高いです。

薄毛に悩む私はミノキシジル配合のリアップとAGAクリニックで処方された医薬品を利用後、発毛実感が感じられたこともあり、4ヶ月は継続しました。

そこで実際に使った人しか分からない良かった点と悪かった点を正直にレビューします。薄毛対策に迷っている人はぜひ参考にしてください。

目次

1.ミノキシジルとは
2.実際にミノキシジルを使った感想
結論!ミノキシジルはこんな人向け!

1.ミノキシジルとは

ミノキシジルは、もともと高血圧の人向けた血管拡張剤として開発されました。その副作用として多毛症という症状が出たことから薄毛治療に使われ始めたのがキッカケです。

ミノキシジル配合の製品を市販で手に入れるなら発毛剤のリアップメディカルミノキ5、AGAクリニックで処方されるロゲインなどに配合されています。

医薬品成分なので発毛効果は育毛剤より高く副作用が育毛剤より起こりやすいのが特徴です。

薄毛対策を5年以上してきた先輩からいうと、自分の髪の毛を育てるより今すぐにでも無理やり生やしたいという人にオススメできます!

1-1.効果

厚生労働省のデータによると、生えるまでに至らなかった毛根や弱っている髪の毛を太くして成長させる効果があります。

ミノキシジルのすごいところは遺伝による壮年性(そうねんせい)脱毛症という以下のような薄毛にも期待できるところです。

引用:大正製薬公式サイト

使用者が多いこともあり、ネット上では髪の毛が生えてきた!という声は多くありました。

フィナステリドと、どっちが良いか?

ミノキシジル同様に、国に認められていて薄毛に期待できる医薬品成分のひとつです。

製薬会社MSDによるデータによると、薄毛の原因ナンバーワンとなる悪玉男性ホルモンを抑制する働きが期待できますが発毛効果はありません。そのため併用が良いとされています。

フィナステリドは、性欲減退や勃起機能障害(ED)の副作用があったり市販されていないこともあり私はミノキシジル配合の医薬品を選びました。

1-2.副作用

厚生労働省のデータによると、医薬品成分ミノキシジルの副作用は、3,072例中271例で副作用の発症率は8.82%でした。

その他にも、大正製薬の公式データではリアップX5プラスの副作用率は8%と公表されています。

決して高くない副作用率ですが、皮膚がかぶれたり頭痛やめまいといった体調不良が起こる可能性があります。

2.実際にミノキシジルを使った感想

私は4ヶ月ミノキシジル配合の医薬品を使って良かったと思えた反面、やっぱり医薬品は自分が合っていないなと感じる部分がありました。

そこで、これからミノキシジル配合の医薬品を使う人が後悔しないために、薄毛の私が感じたことと他の使用者の感想を含めて正直にお伝えします。

良かった3つのこと

まずは、ミノキシジル配合の医薬品を使って良かったことです!

その1.髪の毛が生えた!

私が医薬品成分のミノキシジルを使った1番の理由はコレです。抜け毛予防はシャンプーや育毛剤で補えるかもしれませんがミノキシジルは発毛する効果が国に認められています。

筆者も使って1ヶ月で産毛が生えてきて頭頂部の薄毛は改善できたと実感しました。最低でも6ヶ月間の継続がおすすめされているので、まさかこんなにも実感が早いとは思いませんでした。

リアップX5プラスは1ヶ月分で約7,000円。これで髪が生え続けるならコスパは良い!と思いました。

その2.髪の毛が太くなった

ミノキシジル配合のリアップX5プラスを使って髪の毛が太くなったんです!

これまでは細くて頼りない髪の毛だったんですがコシも出たような気がして嬉しかったです。

その3.髪の毛が太くなった


ミノキシジル配合のリアップX5プラスを使って抜け毛が減りました!私の場合、目に見えて減ったという程ではなかったですが確かに抜け毛が減ったように感じます。

他に使っている人も抜け毛が減ったという人は多いようでした。

悪かった5つのこと

ここまでをみると「ミノキシジルって凄い!」って思われるかもしれません。ただちょっと待ってください!使って悪かったこともあります。

その1.かゆみが出た


私がミノキシジルを止めた理由はかゆみが止まらなかったからです。ミノキシジルの副作用率は8%と低かったですし、自分は大丈夫だろうと思い購入しました。

使った当初はピリピリとして我慢できるくらいだったんですが、3ヶ月くらいすると痒くてたまりませんでした。。痒いので掻くとフケが出るんです。

この副作用さえなければ「ミノキシジルは使っても良かったのかなぁ」と今でも思います。

その2.体毛が濃くなった

ミノキシジルは体毛が濃くなるという副作用があります。筆者は男ですが腕の毛と胸毛が濃くなりました。

男なので多少濃くなっても髪の毛が生えるならと思っていましたが、副作用となると「さすがに長くは使えないな」と感じ、使用を断念しました。

その3.髪の毛がベタつく

ミノキシジル配合の外用薬(リアップ)を使うとベタつきがあるので使用後に不快を感じました。

私だけかと思っていたのですが、ミノキシジル配合の外用薬を使った人からは同じような声が多くありました。

AGAクリニックで相談したところ、ミノキシジルは粘性率が高いのが特徴とのことでベタつきを感じることもあるとのこと。

せっかくシャワーをしてリアップを使っているのに頭皮がベタつくのが我慢できなかったので内服薬に切り替えました。

その4.ミノタブの副作用は完全自己負担

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルの内服薬であるミタブレット(通称ミノタブ)なら、ベタつきもないので良いかなと思ったのですが結論使うべきではないと後悔してしまいました。

というのも、国には以下の決められたルールがあるからです。

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

参考:厚生労働省「医薬品等を海外から購入しよう

ミノタブは日本で認められいないので海外から個人輸入(もしくは代行輸入を使う)をする必要があります。しかし、もし副作用が出てしまい病院に行くと治療費は完全自己負担になります。

その点、リアップは医薬品として認められているので保険治療が可能になりますが痒みが出たりベタつくので私は向いていないと感じました。

その5.一生使い続ける必要がある

使い始める前は気にしていませんでしたが、ミノキシジルやフィナステリドは使用を中止すると再び薄毛になります。

薄毛専門のクリニックに行けばミノキシジルの濃度を調整してくれたりして副作用のリスクを抑えられることを知りましたが「一生副作用を気にするのはしんどい」と感じました。

しかし、それでもミノキシジル配合の医薬品を使うならリアップのような市販製品を使うのではなくAGAクリニックでリスクを確認してから安い薬を手に入れるのが良いでしょう。

結論!ミノキシジルはこんな人向け!

ミノキシジルは使って悪かったことの方が多いため私はおすすめできません。

ただ発毛の実感率はかなり高いと感じたので、自分の髪の毛を育てるより今すぐにでも無理やり生やしたいという人にオススメできると思いました!

副作用が少なく実感の声が多いのはチャップアップ

副作用が少ない医薬部外品の育毛剤から始めてみてはいかがでしょうか?

育毛剤なら副作用のリスクを気にせず使うことができますし、医薬部外品なら国に認められている有効成分で発毛促進効果が期待できます!

全80種類以上ある育毛剤の中からおすすめなのはチャップアップ!他の育毛剤よりも成分数が豊富で実感の声が多いのは納得できるところ。

その他にも、育毛剤全80種以上を比較してわかった!の記事でおすすめ育毛剤をご紹介しています。

薬価が安いのは湘南美容クリニック

前述した通り、ミノキシジルは副作用のリスクと一生継続が必要になるので育毛剤をもう少し使ってからでも遅くはないかと思います。

しかし、それでも一度は試したい人のためにミノキシジルの薬価が安いクリニック10院を比較しました。

湘南美容クリニック・G.グリーンクリニック・ゴリラクリニック・親和クリニック・AGAヘアクリニック・髪のクリニックSeed・アゲインメディカルクリニック・AGAスキンクリニック・ヘアメディカル・ガーデンクリニック ミノキシジルの処方を受けるなら、全国50ヶ所以上にある湘南美容クリニックが1番安いです。

市販されているリアップX5プラスは最安でも約6,500円。クリニックで処方を受けたほうが安いですし、なにより副作用の説明をキチンと医師から受けて使い始めるか決めた方が良いです。

最寄りに湘南美容クリニックがなければスマホで診察から薬の受け取りまでできるG.グリーンクリニックもおすすめ。テレビ電話で医師が診察してくれて6,482円と安いですよ。

まとめ

ミノキシジルについて、どんな成分か少しわかっていただけましたでしょうか。

私も発毛効果を実感できましたが、使ってみると悪かった点が多いこともあり4ヶ月で使用を中止しました。

副作用のリスクと一生継続が必要になるので、医薬部外品の育毛剤をもう少し使ってからでも遅くはないかもしれません。

おすすめの育毛剤は、育毛剤全80種以上を比較してわかった!の記事でご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*